降谷に抱かれて(裏夢小説)
1回だけだから


「だーかーら!美紀とHしていないのが、心残りだから、Hしようって言ってんの」


逆ギレ気味に零が返す。


確かに、美紀と零は、下ネタや自分の性生活もバンバン話しあえるような仲だった。


しかし、それは本人達がそういう関係にないからできた話であって、本人から直接そう言われれば戸惑いを隠せない。


しかも相手は一週間後に結婚式を控えているというのにだ。


「ご自分の状況わかってます?来週結婚するんですよ?何血迷ってるんですか!」


「わかってるよ。だから今しかできないだろ?いいじゃん、お前、今彼氏いないだろ?」


「いや、そういう問題じゃなくて・・・。だいたいアタシごときとヤッたって面白くもなんともないですよ!」


「ヤッてみなきゃわかんないだろ?だからヤろうと思ってるんだし!」


「セ、セクハラで訴えますよ!」


「そんなことする子じゃないだろ美紀は。」


「なんなんすか、その何でもわかってますみたいな態度!」


「わかってるから言ってんの。だって実質、嫁さんより長い時間過ごしてんだぜ?あとわかんないのは、体の相性くらいだろ。」


「それは、わかんなくてもいいじゃないですか!」


「いいじゃん、1回だけだから。絶対良い思いさせてやるって。」


まったく不毛な会話を繰り返していくうちに、だんだん美紀は逃げられない気分になってきた。


零に対して恋愛感情は確かにない。しかし、これだけ長くパートナーを組んでいれば情はある。


それもカッコいいとは、ずっと思っている先輩であり、零のするSEXに興味がないと言えば嘘になる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]