降谷に抱かれて(裏夢小説)
快感が奥底へ


「そう、もっとお尻・・・高く上げて。」


言われた通りに、獣のような姿を晒す美紀。


そんな美紀の腰に手を添え、零は自身を再び美紀に送り込む。


「あんっ!あああああっ!」


再び押し広がる快感に、美紀は体を反らせて応える。


パンッ、パンッと体がぶつかりあうたび、快感が奥底へ送りこまれる。


「ふあっ、はあ、ああん!あんっ!いいっ!ああああっん!」


バッグから、対面座位、最後は正常位と体位を変え、次々と届けられる快楽に、美紀は一人で何回もイってしまった。


「せ、せん、ぱ・・・も、もう、らめぇ・・・。あんっ、ああっ!はああんっ・・・んっ!」


「お、俺も、もう・・・ダメ・・・だっ。はあ、はあ、最後・・・イク・・・ぞ・・・。」


「はあ、キテ・・・来てぇ!あんっ、あああんっ!あっ、イイいいいいっ・・・!」


事を終え、落ち着いた二人は、ベッドに横たわっていた。


美紀の目隠しは外されていたが、二人は仰向けになったまま、まだ目を合わせられず、無言でいた。


ベッドの中、先輩は、そっと美紀の手を握ってきた。温かい先輩の手。


「なんか疲れた。おやすみ」


ぶっきらぼうにそう言うと、零は目を閉じてしまった。


「おやすみなさい。」


美紀も優しくその手を握り返すと、そのまま眠りに落ちていった。

[*前へ]
[戻る]