降谷に抱かれて(裏夢小説)
秘所を愛撫しあい


しばらく二人はつながったまま抱き合った。


息も整え終わった頃、零は自身を引き抜き、軽く後始末をし、美紀の手首だけを自由にした。


「すごい、感じてたね。かわいかったよ。今度は俺も気持ちよくしてよ。」


零は、美紀の耳元でそう囁き、美紀の体を引き起こしその手を、零自身に触れさせる。


「舐めて、キレイにしてよ。」


目隠しをしたままの美紀は、その存在を確かめるように、ゆっくりとそれに指を這わせ、そっと口を近づける。


「うっ、そう。いいよ。いやらしい姿がまたかわいいよ」


満足そうに眺めているであろう零を想像しながら、美紀は、確かめるように下から上へと舌を滑らす。


そして、口に咥えこむと、ジュポ、ジュプと音を立てながら奉仕を始めた。


不断はあまり得意でないこの行為も、目隠しのせいか、すごく官能的なものに感じられる。


「はっ、はっ!うっ!美紀、お尻こっちに向けな」


美紀は、位置がわからなくならないよう、零自身に手を添えながら、お尻を声のする方に向ける。


「そのまま、フェラを続けな、美紀も気持ちよくしてやるから」


69の形で、二人はお互いの秘所を愛撫しあい続けた。


「はあっ、グチュ、グチュっ、ジュルっ!んあっ。」


「んっ、ジュプっ。ジュポっ!んんっ、ああっ!」


「も、もう、いいよ。そ、そのまま、四つん這いで・・・いて。」


美紀に奉仕を止めさせ、零は体を起こす。

[*前へ][次へ#]
[戻る]