降谷に抱かれて(裏夢小説)
濡れやすいんだ


「ああっん!」


「すごい、グショグショだね。美紀、濡れやすいんだ。」


あふれでる蜜を指で広げるように、下の突起物にも塗りつける。


「あんっ!そこっ!だめぇ・・!」


「だめ?気持ちいいんだろ?」


そう言い、どんどん大きくなる美紀のクリトリスをこねくりまわす。


「んあっ!んっ、んっ、あんっ!ああんっ!いいっ・・・!」


さらに、蜜壺に指が出し入れされると、グチュ、グチュといやらしい音が響きわたる。


「ほら、どんどん溢れてくるよ。気持ちいいんだ。」


「はあ、はあ、気持ち・・・イイですぅ。」


視覚と手の自由を奪われているだけで、こんなんに感じやすくなってしまうのだろうかと、それとも零だからだろか、自分でも恐ろしい程、美紀は感じまくっていた。


快感の波がどんどん押し寄せ、処理が出来ない。


気持ち良さと、もどかしさの中で気が狂いそうなほど乱れていた。


そこへ、さらなる愛撫が始まる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]