快斗とえっちい新一(裏夢小説)
こんなに奥まで


足が…体を支えれない

動けない


快斗


快斗はどこまで俺を狂わせるの……





ユックリ

腰が動く


「んっ…んぁ・ くっ」

いつもはこんなに奥まで入ってこないのに
右往左往に動きまくる快斗のモノが俺の弱い所を掠める


「っんぁ……!」



ピタ……

いきなり快斗の動きが止まる

「??」
「ここ?」

クイッとポイントを突く

「…っ」

「ここ?」

「…んっ」

「ここ?」


━ビクンッ━
「ひあぁっ…!」




「ここ…か」

[*前へ][次へ#]
[戻る]