快斗とえっちい新一(裏夢小説)
一気に中を貫かれる


半ば予想していた様にグリグリと俺の中に入ってる指を動かす。

「あぁっ…!」
「今のはちゃんと言えたご褒美」


ズルッと指を抜くとわざと見せるように指に絡まった愛液を舐める


「っ!!?なにっやって…」

眼を細め……指を舐めてる

俺を見ながら



その姿が


とてつもなく綺麗で


それだけで体が疼いてしまう

「くっ…んぁ」

もどかしくて無意識の内に体を快斗に擦り寄せ、腰をゆらゆら動かす

「そんなに急かすなよ…今あげる」

新一の腰に手を当て少し浮かすと、自身のモノをさっきまで指が入っていた箇所に当てる

くるっ!!






「??快斗… 挿れないのか?」
━ズキュ・グリッ━


気を抜いた瞬間一気に中を貫かれる

「うあぁっ!ひぁっ!!?」

いきなりの衝撃で快斗の頭を抱いていた腕に力が入る

新一の胸に張り付いた快斗顔からククッと笑う振動が伝わる

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!