快斗とえっちい新一(裏夢小説)
繋がりたいんだ


耳たぶを甘噛みしながら囁く

吐息が…耳にかかる
それは俺を従順にさせるには充分なくらい、魅惑的で……

秘部に快斗の指をくわえ込んだままユックリと向きを変える

「それで?何て言うの??」

口元を緩めニコッと笑う快斗の眼が鋭く、言えるものなら言ってみろと物語っている



言えない


何よりも俺の体が快斗を欲しがってる


繋がりたいんだ…快斗と一つに




「あ…ぁ……」
「んん??何かな新一くん」
グリッと、指が新一の内壁を擦る

「んあっ?!」
「なに??」


クスクスと笑い俺の反応を見て喜んでいる


憎たらしく思うのに…優しい快斗を知ってるから許してしまう

そんな時こそどうしようもなく…快斗に満たされたくなる



「……お…俺に…ぃれて下さい」

[*前へ][次へ#]
[戻る]