快斗とえっちい新一(裏夢小説)
奥にはベッドが二つ


「……ごめんな?」

黙って立ち尽くす新一に快斗が謝ってきた

ったく…俺がその上目使い弱いの知ってるくせに。まぁ許してやるか


「…別にもういいよ。怒る気も失せた」
そう言うと快斗はにこーっと微笑んだ

「よかったぁ☆んじゃさっそくホテルに荷物置いて観光しに行こうぜ!」

立ち直りが早いのはいつもの事。でもそれも含め俺は快斗に恋してるんだなぁって自覚する。



ホテルのエレベーターで12階へ上がり部屋に入る。
部屋の奥にはベッドが二つ並んでいて、大きな窓から綺麗な沖縄の景色が見える。
トイレもユニットバスもある。

「窓の外きれいだぞ新一!早く行こう」


荷物を部屋に無造作に置くと二人は国際通りへ繰り出して行った。(国際通り:沖縄のお土産屋さんが並ぶ通り。沖縄の有名な観光スポット)

[*前へ][次へ#]
[戻る]