快斗とえっちい新一(裏夢小説)
刺激に耐え切れず


ツンツンと指先で突く

「んぁっ!?ひぁ…!」
「可愛いね新一の。新一ので遊ぼっかなぁ」

不敵な笑みを見せると、快斗は新一のモノを甘噛みする

「いっ!!やっ…ゃ…だ!」
「ヤなの?ココは違うみたいだよ?喜んで段々元気になってくみたいだし」




「んっ…ふぁ…ぁん」

快斗の口の中で大きくなる新一のモノ…

「フッ…こんなになっちゃって……」

快斗は口から新一のモノを出し、指で先端をクリクリ撫でる


「あぁあぁぁっ!やっ…でちゃ…ぅ」
「早いなぁ…まだ俺遊びたいんだけど?」

「もっ…だ…めぁ」


我慢してるのもやっとの状態
一瞬気を抜けば一気に出してしまいそうだ

「しょうがないなぁ…」

快斗は新一のモノを口に戻す

「!!快斗!なにやっ……!」

快斗は構わず舌をコロコロと動かし刺激を与える

「ぁんんっ!あぁ……つっ!!!!」
刺激に耐え切れず快斗の口内に白濁色の液体を放出する

[*前へ][次へ#]
[戻る]