快斗とえっちい新一(裏夢小説)
お前を無茶苦茶に


「……快斗」

快斗が顔を上げる前に新一は駆け出し快斗に自ら抱き着く


「なっ、新一!?離れろ!!」
「……。」


新一は無言のまま抱き着いて離れようとしない。快斗も無理には引き剥がせずに硬直してしまう。

いまにも暴走しそうな気持ちを必死に抑えながら

「っ……!新一、このままだと俺…お前を無茶苦茶にしちゃう……」

「……」

それにも新一は応えず黙ったままだ
快斗は何がなんだかわからなくなっていた


「…新一」
「なんだよ…っ?!」


「……いいのか?どうなるか俺にも分かんないぞ?」

━コクン━
新一はゆっくり小さく頷いた




新一からエッチを誘う時ととてつもなく感じてる時だけ


「いい。だから…」


抱いて

[*前へ][次へ#]
[戻る]