快斗とえっちい新一(裏夢小説)
抱かれたい


どうにも耐え切れなくなった快斗は新一の条件を呑んだ

「…んで?なんなんだよ一体」
足を止めて聞く新一

「…あっ…の…今日はどうにも抑えがきかないんだ。だから…抱いたりなんかしたら俺何するかわかんない。さっきだってかなりヤバかったし」


「!!?」
そんなこと言ってくるなんて思ってもいなかった…
どうせやる気無くしたとかか、俺になんか隠し事しててそれで抱けないって言ったと思ってた……。見事に推理が外れた

「んなことしたら新一が苦しくなるだけだし。絶対嫌われるし……」


正直ビックリした……。
あの快斗がこんなこと言うなんて。。
いつも強引で俺のことなんかお構いなしって感じだったから。

その快斗が俺の事思って気をつかってくれてる…
こんなこと今まで一度もなかったから



スゴイうれしい。

今………とてつもなく快斗の腕に抱かれたい

自分でもオカシイと思う。今快斗に近付けばどんなことされるか……予想もつかないくらいぐちゃぐちゃにされるだろう


それでも……


抱かれたい

愛されたい

快斗に……

あの怯えた表情をみてこんなにも愛おしいと感じる

[*前へ][次へ#]
[戻る]