エッチな快斗(裏夢小説)
体が欲しがってる


「イヤァ!」


あまりの恥ずかしさで倒れ込む由香。


「由香、もっと感じてよ」


快斗は指を体に這わせる。


その度に由香は敏感に感じてしまう。


「あっ…あぅ……」


由香はこの上ない感覚に困惑している。


『体が疼く…イヤダ…体が快斗を欲しがってる』


息が荒くなり、思うように体が動かない。


「ね??気持ち良いでしょ?」


甘い声で快斗が耳元で聞いてくる


「うぅっ…くっ……」


声にすら感じてしまい話す事ができない


「ん?ちゃんと返事してくれなきゃ。これは事情聴取なんだから、返事は?」


「っ……。」


「……早く言わないと。ね?」


怒りの混ざった声で静かに言う


「きも……ちい…いです」


快斗は由香を見ながらにこやかに微笑む


「俺も気持ち良くしてよ」


「気持ち良く?…そんな…私、できない…」


「ご主人様に逆らう悪い子はどうなるかわかる?」


ドキッ……


快斗しかこの疼きを止められる人はいないのに、その快斗に逆らえば………


「ほら、くわえて」


そう言うと快斗はズボンのチャックを下ろす。


「ぇ…ぁ……」


「早く」


ダメだ……逃げれない。

[*前へ][次へ#]
[戻る]