エッチな快斗(裏夢小説)
気持ち良くなるから


「っ…イ…ヤ…。」


抵抗しようとするがその度に快斗は指を小刻みに動かす。


「あっ…ぃやっ…」


快斗は中指をゆっくりと挿入した


「イタッ…んっ…あぁ」


「逃げるから痛くなっちゃうんだよ?由香がいい子にしてたらちゃんと気持ち良くなるから」


それでも由香は必死で逃げようとジタバタしていると、快斗の指が抜けてしまった。


「あぁ〜抜けちゃたよ」


明らかに怒っている。


鋭く光った眼が由香を見据える。


『今しかないっ!!』


由香はよろめきながらもドアまで走る。


快斗は座ったままだ。


『ドアに鍵はないわ。』


ノブに手が届いた…


『あれっ??開かない…』


ガチャガチャ…


何度やっても開かない


快斗が由香に向かってゆっくり歩いてくる。


「ドア開かないでしょ?部屋入った時に細工したからね。それにしても…」


快斗が由香の目の前にたたずむ。


由香を静かに見下ろす。


その目はもはや以前の快斗の面影は残っていない。


「俺から逃げれるわけないんだよ…」

快斗はポケットから薬の様な錠剤を取り出し口に含み、由香にキスをする


「んんっ……」


快斗に薬を口移しされ飲み込んでしまう由香。


「この薬はね、強烈な媚薬なんだ。だからそのうち由香から俺に迫ってくるよ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!