エッチな快斗(裏夢小説)
力ずくで俺の物に


「我慢できなくなったんだ……俺はずっと由香を見てた。なのに気付いてもくれない……。だから力ずくで俺の物にするしかないだろ?」


「!!!」


快斗が自分の事が好きだと分かって、動揺を隠しきれない由香。


『私もずっと好きだった』


そう言おうとしたが言えない。


『私が好きなのは優しかった時の快斗……』


自然に由香の目から涙が流れる。


「……………。」


頬につたう涙を快斗は自分の唇で拭う。


それが今の快斗にとっては最大の優しさだった。


「!!いやぁっ!!」


バシッ!!


突然の事で思わず快斗の頬を叩く由香。


「……………。躾がいるみたいだな」


快斗は自分の優しさを拒まれ、もはや力ずくで由香を手に入れようとする。


ジャラ……………


「警察ごっこ知ってる?」


手に持ってるのは手錠。


「うっ……う…。」

これから始まることの恐ろしさから、思わず息ができなくなる由香。


「さぁ、誰にも言えないことしてあげるよ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]