エッチな快斗(裏夢小説)
脱がすんだから


家に着く頃までには、以前よりかなりお互いについて知っていた。


家族のこと、友達の事、 etc…


まだ快斗と話がしたかった由香は勇気を振り絞る。


「お、お茶でも飲んでく??」

「俺喉渇いてたんだよなぁ」


……………あっさりOK。


勇気を出すまでもなかった。。


家には誰もいないようだ。


家の中は時計の音だけが響いている。


快斗はキョロキョロ辺りを見回している。


「由香ん家ってキレイだなぁ!!」


由香がドキドキしてるのにも関わらず何も気にしていない様子。


ときかく気を落ち着かせようと快斗にお茶を出し、由香は自分の部屋に着替えをするためにリビングを後にした。


「……………。」(快斗)


部屋で着替えにとりかかる由香。


普段ならジャージを着てしまうのだが今日はいつもとは違う。


「何を着よう…普段着なんだからあんま派手っぽいのは変だし……。うぅ」


迷っていると後ろから声が。


「何でもいいんじゃない?どうせ脱がすんだから。」


「か…快斗。何て言ったの??」


「…だからどうせ今から脱いで着る暇ないんだから、選ばなくていいって言ったんだ。」


そういうといきなりベッドに押し倒された。


ドタッ…


「きゃぁ!!?」


「騒ぐなよ。今からたくさん声出すんだから」


「!!!」


恐い……好きなのに………なんで。。


「今なんでこんな事するのかって思ったでしょ?」


由香は固まって動けなくなる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!