エッチな快斗(裏夢小説)
幸せに浸りながら


疲れきった由香はそのままベッドで横になる


その横で快斗は由香をそっと抱き寄せる。


そして由香をギュッと強く抱きしめる


「…んっん」


指が由香の首筋をなぞり、首にかかった髪を優しくはらいのける


唇を首筋に近付け、無数にキスマークを付ける。


「んんっ。だめ…」


快斗は黙ったまま由香を見つめ軽くキスをする


由香は幸せに浸りながら眠りについた…

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!