エッチな快斗(裏夢小説)
優しく腰を動かし


「んっ……ん…っ…んぅ」


由香は快斗の巧みなキスに酔いしれる


唇を重ねながら快斗はゆっくり優しく腰を動かしていく


「んぁっ!…んんぅ…」


痛いと感じた瞬間にキスで痛みをごまかされる


手で由香の髪をかきあげながら体を引き寄せる


肌と肌が触れ合い、お互いの熱を感じ合う


徐々に下の痛みも和らいでいく


「んんっ…ん…ぅ」


快斗の腰使いも早まり、次第に激しくなる


「んあっ……あぁあ……ぃあぁ!」


あまりに勢いのよい腰使いに体を反り返し、快斗の唇を噛んでしまった。


切れて血が出ている


その血が由香の頬に滴り落ちてくる


「っ!!ごめんなさいっ…!」


いきなりのことで混乱してしまい、慌てる由香。


「あぁ…どうしよう…あっ、ティッシュ!」


血を拭き取ろうと机のティッシュを取ろうと起き上がろうとする。


が、瞬間快斗なが両肩を押さえつけられる


「起き上がったら抜けちゃうじゃん…由香」

[*前へ][次へ#]
[戻る]