エッチな快斗(裏夢小説)
快斗じゃなきゃ


その目が美しすぎて…


逆らうことを忘れさせてしまう……


指をゆっくり秘部へ近づけていく…


「あっ…」


あれ…あまり気持ちよくない…。


なんで??


感じない。


快斗じゃなきゃ…?


由香は固まったまま動けなかった。


「どうしたの?」


快斗が少し怒りまじりの、それでも優しい声で由香に問い掛ける


その声に由香の身体がピクリと反応する。


「あっ…っ。」


透き通る美声、快斗の声だから…感じるんだ。


身体がその名前を呼ぶ…。その名前に感じてる…。


求めてる


「……私、快斗のモノになりたい」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!