R18 BL short story(BL小説/エロ小説)
一度だけでイイから3


中途半端な愛撫と耳元で囁かれる言葉。


「イかせて……拓海の上に乗る、か‥ら…」


体のいき場所に限界を感じた俺は、途切れながら承諾をした。

「わかった、じゃあ乗って?」
「…っあ……」

前後を愛撫していた手を離すと、拓海はベッドの上に仰向けになった。
潤んだ瞳の先に見えるものは、拓海の綺麗な体と、昂ぶった自身。
その姿を見て、体の奥がズクンと疼くのが分かった。
羞恥心が無いと言えば嘘になる。
でも、それ以上に…拓海がもたらす快楽のほうが勝っていた。

のそのそと膝立ちの格好で腰に跨り、手を後ろへ持っていき自身を掴む。
手の中でドクンと脈を打ち、先走りで掌を濡らしていく。
窄まりに宛がうと息を吐きながら、ゆっくりと腰を下へと降ろしていった。

「…っく」
「んっ、は‥ぁ……ぅっ…」

なんとかして挿入させようとするけれど、先端部で止まってしまう。
下から来る圧迫感と、刺激に体が躊躇してしまっていた。

「んあっ…何触って…んんっ……」
「なかなか入らないから手伝ってあげる…。聡志の中に入っていくのが良く見えるよ」
「うるさい…変なこと言うなっ…あ、は‥ぁっ…」

羞恥心を煽られ、顔を横に逸らしながら腰を降ろしていくと、拓海の手が伸びて、裏筋を手で擦り始めてくる。
内股が震え始め、足の力が抜けていく。

「ほら、入れ易くなったでしょ?先が入れば後はすんなりいくから…」
「んっ…グダグダ言ってないでもう少し手伝ったらどうなんだよ。童貞の奴じゃあるまいし…」

圧迫と快感に顔を歪ませながら、悪態を吐いたのが間違いだった。
拓海は『じゃあ、望みどうりに…』と言うと、俺の腰を掴むと下から突き上げてきた。



「ひっ!…ああっ、ヤメ…あ、アアッ――――」



そこからはもう…訳がわからなくなっていた。
拓海に突き上げられた時、理性も一緒にぶっ飛んでしまったらしい。
拓海の胸に手を付くと自分から腰を揺らし、一番感じる場所を擦らせて…
『スゴイよ…聡志のココが俺のをギュウギュウ締め付けてくる』

そんな言葉を言われても、快感に堕ちてしまった俺には羞恥ではなく快楽へと導いていく。
俺の体全部が性感帯になってしまったみたいで。

[*前へ][次へ#]
[戻る]