女装して満員電車|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
突いてもらいたい


「ん、んぁ…後、ちょっと…ふン…」


「頑張って、良太クン」


グプグプ


どんどん、オジサンの赤黒いおちんちんが入ってくるよぉ…!


背中がゾクゾクする…はやく突いてもらいたいよぉ…!!!


「ひゃん…あ、入ったぁ…!!」


「頑張ったね、じゃ、動いて…?」


「え、無理だよぅ…オジサン突いてぇ…!」


何で、そんな事言うの?!はやく突いてほしいのに…!!!


「良太クンがちょっと頑張って動いてくれたら、オジサンすぐ、突いてあげるよ???」


「あ…頑張るぅ」


はやく突いてほしい僕は頑張って上下に動き始めた。


じゅく…
ちゅぷん
ぐちん


「あぁん、オジサぁン!!これが僕の精一杯!早く突いてぇ!!!」


「しょうがないなぁ…そんなに可愛くおねだりされたらオジサンも我慢出来ないよ…」


ズチュン!!!


「ひっ!あぁぁあああ!!!」


オジサンがいきなり強く突いてきたぁ…


さいこ


「はぁん、やん、もっとオジサンのおっきいおちんちんで壊すくらい突いてぇ!!!!!」


「ん、ふ…」


ジュブジュプ
グチュグチュ


「ぃあ…あぁん気持ちイイィィ…ん、あぁ…オジサン!僕のおちんちんも弄って!」


オジサンが僕の嚢をギュッて握りながらモミモミ揉んできたぁん


「良太クンの嚢、はりつめてるよ。もぅ、イキそう?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]