ドSな赤井さん(裏夢小説)
乳首を…クリクリ


「まず、どうするんだ?」


相変わらず冷たいもの言いをする秀一に見つめられながら、由紀恵は両手で胸も揉み始めた。


「どうするのか、言ってごらん。」


「…む、胸を揉みます。」


顔を真っ赤にしながらなぜか由紀恵が敬語で答える。


胸全体を揉んでいた由紀恵の手は、次第に胸の一点だけを集中していじりだす。


「それから?」


「こう、乳首を…クリクリします。」


由紀恵は、恥ずかしさに目をつむり、器用に乳首をこねくり回す。そして、左手は胸に残したまま、右手は下の方へ伸ばしていく。


「そして何をするの?」


「はうっ、そして…アソコを…」


「アソコって?」


「…んっ!ク、クリを…いじ、いじりますぅ。」


「その時は、どんないやらしいこと想像してるの?」


「んっ、ケ、秀一に…秀一に、いじられ…たり…。舐められたり…してるとこ…。」


「俺にヤラレてるところ想像してるんだ。」


秀一は、由紀恵のオナニーを見つめながら今までにない興奮を味わっていた。


過去の由紀恵との行為も決してつまらないものではなかった。


しかし、どこかで何かがほんの少し足りない気がしていたのだ。それが、自分の中にあるS性ではないかと気づき始めていた。


「あん、ああん。気持ち…い…。」


一方、由紀恵も今までにない興奮を味わっていた。普段は優しい恋人にいじめられ、見られながら、自慰に耽る。


しかも恥ずかしい言葉をいわされながら。確かに1人でする時も、実は自分の姿を鏡に映すとより興奮することをわかっていた。


もしかして、自分はマゾっ気というか、羞恥や、露出が好きなのではないかと感じていたのだ。


「いやらしい女だな。彼氏の前で、1人でやって、そんなに感じるのか?それで、クリいじったらどうするんだ?」


「はあ、はあ、あ、足を、足を開いて…。はあ、はあ、指でかき回します…。」


「どこを?」


「・・・由紀恵の・・・オマ○コをですっ!」


そういうと、秀一の目の前で、足を大きく開き右の中指と薬指をオマ○コに入れ、抜き差しし始める。


クチュ、クチュと淫靡な音と、由紀恵の嬌声が響く。そして胸を弄んでいた左手でバイブを取り言う。


「あっ、はんっ。最後はぁ、バイブで…いかせて…んっ、いただきますぅ。」


すでに迎える体制の整っていた由紀恵のマンコは、太いバイブをすんなり飲み込んでいく。


しばらく出し入れだけしていた由紀恵は、バイブのスイッチを入れた。ヴィーンというモーター音とともに、さらに激しくグチュ、グチュという音が響く。

[*前へ][次へ#]
[戻る]