クリちゃんだめっ(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
クリちゃんもひくひく


ぱいぱんなんだね?

パンツにぬるぬる染みちゃうから脱がしてあげるよ…

(たっぷりとまん汁を吸わせたパンツを脱がして染みた部分を美穂に見せながら)

淫乱まんこだね?舐めやすいように自分の指先でビラビラを開いてごらん?

奥まで見てあげるから…

(乳首を摘みながら耳元で囁く)

あっぅ…あっんっ…

美穂のおまんこ生まれつきパイパンなの…

舐めやすいでしょ?

いっぱいペロペロしてね……

(自分でおまんこを突き出し、『くぱぁっ』と広げてみせる)

ほら…もうえっちなおつゆいっぱい…

クリちゃんもひくひくしちゃう…

(息がかかるほど開いた穴に近づき、美穂の指に指先を添えると更に『くぱぁ』…と開いて)

あぁ…まんこ汁が奥から溢れだして…

クリトリスも皮が勝手に剥けて、剥き出しになってる…

[*前へ][次へ#]
[戻る]