クリちゃんだめっ(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
いっぱい舐めてっ


先輩っ! 美穂の、いっぱい舐めてっ!

我慢出来ないよぉ…。。

美穂のクリトリスをねちっこく舐めて下さい

ぺろぺろ・・・
美穂もうすごい濡れてるよ?

あぁんっ//
我慢出来なくて一人でくにゅくにゅしてたから

いっぱいしてほしい…
逝きまくりたい…

いっぱい舐めまわしてあげるよ…

(美穂の両足をぐいと開くと鼻先をパンツの上から押しあてて割れ目に沿って揺らし)

んぁ…やらしい匂いがするよ…堪んない…

あっっ…匂いかいじゃ、やぁっ…恥ずかしい

あっ…鼻がクリちゃんに当たってるぅ…

おつゆいっぱいでちゃうよぅ…

敏感なんだね?美穂…

腰が揺れちゃってるよ…

(パンツをビラがはみ出るほど引っ張りあげてクリトリスを左右に転がすようにパンツを揺らし)

美穂の卑猥なビラがはみ出しちゃってる…やらしいね…きれいに舐め舐めしてあげるから…

ん…れろ…れろ…ん

あんっ、あんっっ…

おまんこにパンツ食い込んでクリちゃんひくひくしちゃうぅ…!

んっ…れろれろ好きぃ…

美穂のパイパンおまんこ、えっちにいっぱい舐め舐めしてっ!

あっ…あっ…おまんこヌルヌルで恥ずかしいよぉっ

[次へ#]
[戻る]