クリ責め快感列車(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
揉まないでぇ…


けれど、すぐに後ろからまた腕が伸びてきて、抱きしめられた。
左腕で腰を抱き、右手が前からまた、ブレザーの中へと滑り込んでくる。

息を飲み込み叫ぼうとして、一瞬ためらった。


「叫ばない方がいいよ」

耳元で囁やかれる。
こんな状況なのに、まるで恋人に囁くように甘く。

「今見つかって困るのは君だよ?だって一度は触れることを許したんだから。警察は取り合ってくれないだろうね」

けれど、甘く響く言葉の中身は紛れもないおどし。

「そん…な…」

確かに、うなずいた。
でもあれは、そういうつもりじゃなかったのに…。


「大丈夫。最高の快楽を味わわせてあげるから」

由香の抵抗を奪うように、息を吹き掛けるようにしてささやかれた。



男の手が由香の左胸をシャツの上から包み込む。
やわやわと動かされる度に背筋がぞくぞくと震える。


なに…これ…

抗いがたいものが、少しずつ身体を支配していく。

こんなの知らない…
嫌なのに…っ、…

彼氏に触られた時にも友達がふざけてタッチしてきた時にも、こんな風に感じなかった。


服の上からでさえ、分かる。
彼氏の稚拙な愛撫との違い。

逃れがたい、モノ。



間違いがあったとすれば、それは由香の甘さだった。

抱き締められたあの時、ためらわずに声を上げていれば良かったのだ。

叫べば男が捕まるのではないか。
あの一瞬、相手を思いそう迷った甘さが、まだ未熟な身体を落としていく。


男の望む方向へと。



だから…っ揉まないでぇ…

嫌なのに、身体はもっと触って欲しがっている。

懸命に息を殺して、由香は早く駅に着くことを願った。

[*前へ][次へ#]
[戻る]