クリ責め快感列車(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
クリトリスに


「…っ、はぁ…ん…」

繰り返し揉むうちに、触れられないことがもどかしいかのように硬くなった突起が布越しに押し上げて主張してくる。

たまらずに、拓哉はそれをつまみ上げた。


「ああっ…!」


押さえきれない声を上げて少女の背中が逸り返る。

力の抜け落ちて行きそうな腰を拓哉は慌てて支えた。
わずかに開いた足が小さく震えている。

いくらじらすような動きをしていたとはいえ、ここまで反応する少女に出会ったのは初めてだ。



「胸、弱いんだ?」
「ちが…っんん…や…」
「違わないよね?」

なおも右手で乳首をつまんだまま、乳房を絞り、時折固くなった乳首を強く刺激する。
「…っ、っん…!」

声を上げないように必死に歯を食いしばりながらも、その隙間から漏れる小さな震え。

楽しそうに目を細め、拓哉は腰に添えていた左手を太股へと滑らかに移す。

「じゃあ確認してみようか」



耳元で囁いた言葉の意味をすぐに察知したのだろう少女は足を閉じようとするが、拓哉の手はそれより早く、すでに内腿を捕らえていた。
少女の胸を愛撫していた右手をいったん止めて、崩れ落ちないように支える。

その一方で左手は内腿を上へ上へと上り、下着越しに少女の秘境を捕らえた。

少女は目を固く閉じて首を左右に振り、拒絶の意思を示した。


けれど拓哉はそれを無視し、指先で割れ目に合わせてパンティをなぞる。

「やんぁ…っ…」

甘い声をこぼし、ピクンと身体が跳ねる。
しっかりと蜜を吸った下着はすでに役目を果たしていない。

少女を絡めとるように太股の途中まで下着を下げると、愛液がつーっと糸を引いた。

「濡れてる」

拓哉はそれを指先に絡めとり、クリトリスにやさしく塗りたくった。

そこを撫でるように刺激する度に、堪え切れない甘い喘ぎとピクンと背筋に震えが走る。



「ん…っ、んだめ…やぁ…」

首を左右に振りながら、それでも身体は素直に快楽を求め指に雌芯をこすりつけて来る。

拓哉は追い討ちをかけるように少女の入り口に指を一本沈み込ませた。
トプリとさらに蜜が溢れだし、潤滑油代わりに働く。

[*前へ][次へ#]
[戻る]