クリ責め快感列車(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
欲望に動かされ


電車がプラットホームに入り、男が、

「かわいかったよ」

そう囁いて、耳元にキスをした。


何か言おうと思うのに何も話せない。
ただ、開いたドアから人波に乗ってでて行く男を見ていた。



好きな人でも、彼氏でも、自分の意思でもなく。
あの男に、あの男の指に、イかされた。


もし…自分から受け入れれば、自分の意思で近付けば、

どうなるの―――?




人の出入りがなくなって、ドアが閉まろうとする。


由香は欲望に動かされるようにして、プラットホームに下り立っていた。



男が見つかるか、見つからないか、それは分からない。
ただ、退屈だった毎日が変わる。

その確信はあった。

[*前へ]
[戻る]