クリ責め快感列車(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
乳房を捏ね回す


男の手が乳房からはなれてブラジャーのラインをなで回す。

背中からまた胸元に戻ってきたかと思うと、胸の中心をぱちんと弾かれた。

「あ…っ」

胸の締め付けが無くなり、止め金を外されたのだと言うことが分かった。
やだ。と声を上げようとするが、後ろから耳朶を噛まれて甘い痺れが走った。


抱き留めていた左手にお腹と腰を撫で回されて、身体の奥がきゅっとなる。

鞄の持ち手を強く握りしめた。


男の手がシャツをスカートから引っ張りだし、すばやくボタンを外していく。
右手がそっと素肌に滑り込んできて、その違和感に肩をすくめる。

「ん…っ…」


ブラジャーを左右にずらし、男の手が直接胸をきゅっと握りしめた。
快感にビクンと身体が跳ね上がる。

「…っ、はぁ…ん…っ」


唇を噛みしめなければ声を上げてしまう。
何より男に感じていることを知られたくなかった。


「知ってる?声を我慢すればするほど、身体は感じやすくなるんだよ」

楽しそうな声がそう告げ、乳房を捏ね回す。

「ほら、君の身体は喜んでる」

腰を撫でていた左手も服の中に入って来て、胸を掴まれる。


両手がまるでピアノを弾くようにばらばらに動かされ、薄地の白いシャツからくっきりと男の手が浮き上がっていて、
いやらしいその動きに目を奪われる。


ああ…っん、あたし…今この人に触られてる…
知らない男の人なのに…んんっ…ぁあ…!


知らない男に触られて感じている羞恥と、それを周りに気付かれたくない思いで必死に声を殺す。

けれど堪えれば堪えるほど、肌は敏感になり逃がせない快感ばかりが蓄積してしまう。


「…っ、はぁ…ん…」

身体の中から何かが溢れだし、乳首が硬くなって主張し始めた。
乳首の先がシャツとこすれる度にむずむずする。



「んん…っああっ…!」

とつぜん突起を摘まれて、体中に流れた電流のような快感に背中が逸り返る。

腰から力が抜けてしまい、男の腕に抱き留められた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]