変態露出狂(エロ小説/裏夢小説/官能小説)
イッちゃうから


「・・・!!!」

「いやぁっ…」

麻美はあまりの刺激に耐えられず、抱えていた足を離してしまい、自ら腰をクネらせて、それ以上のことを要求してしまったんです。

おじさんは麻美の要求に応えるかのように、更に指の動きを早めてきて、同時にビチョビチョのオマンコの穴に太い指を挿入して(クチュクチュ)と音をたたせながらGスポットを指先で激しく擦ってきました。

「あっ…あっ…だめ…イッちゃうっ…ほんとにイッちゃうっ…いやぁっ…」

麻美の体は弓のようにしなり、おじさんの目の前にオマンコを突き出した格好でイッてしまいました。

おじさんは、 「すごいな…潮吹いたよ…」 と言って、麻美がイッた後も吹き出した潮まみれになったオマンコの中を指でグチュグチュと卑猥な音をたたせながら掻き回してました。

(麻美は前から本気で感じてしまうと、必ず潮を吹いてしまうんです)

麻美はまた、おじさんの指の動きに合わせるかのように腰をクネらせて、自然にヒクついてしまうオマンコでおじさんの指を締め付けていたんです。

「すごく締まりがいいね…ここにおちんちん入れたら気持ちよさそうだなぁ…」 と言って、もう一本指を入れて激しく突いてきました。

(グチュ…グチュ…グチュグチュ…)

「ああんっ…いやぁっ…またイッちゃうから…だめぇっ…抜いて!」

おじさんは、麻美の反応を見て、更に高速でピストンしてきたんです…

「だめっ…イクッ」

麻美はあっけなく2回目の絶頂を迎えてしまいました。

麻美は頭の中が真っ白になって、ぐったりてしていると、おじさんは、おまんこの穴からゆっくりと指を抜いて、またその指を麻美の目の前で動かし、真っ白な本気汁が糸を引くのを見せつけてきました。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!