[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
マヨ魂2
━━━
━━



山崎「━━が、━━で、という事なんですけど、やはりA案がベターだと…って聞いてます?副長」


土方「…あー…悪ぃ、もう一回言ってくれ」


山崎「……珍しいですね…大丈夫ですか?」


土方「ちっと寝不足なだけだ」


山崎「俺だって2徹目です」


土方「俺ぁ4徹なんだよ」


山崎「(ったく、この人は…)仁和さんと話はしてますか?」


土方「………何をだ」


山崎「…モヤモヤ、色んな事 考えてそうですけど」


土方「…フン…」


山崎「墓参り、行ってたんだって 教えてあげりゃ良いんじゃないですか?」


土方「アイツにゃ関係無ぇ」


山崎「関係、無くも無いんじゃないですか」


土方「……………気にしてんのか?仁和は」


山崎「……土方さんのクチから教えてあげなきゃ、スッキリしなそうではありますけど」


土方「…女ってなぁ、面倒クセぇなぁ…」


山崎「ははは、まぁ そうかも知れませんがね」


土方「っとに…」


山崎「(こういう事に関しては…不器用だな)」


━━━
━━



近藤「なぁトシ、仁和とは…上手くいってるか??」


土方「は??突然何だよ…てゆーか、別に…」


近藤「仁和とは付き合ってんだろ?」


土方「い、いや 付き合ってるって訳じゃ…」


近藤「………おまえの悪い癖だぞ。好意的な異性から本心を背けようとする」


土方「…」


近藤「立場上の考えもあるとは思うが、良いじゃねぇか。局長の俺が恋に正直に生きてんだから」


土方「確かに近藤さん、あんたは素直だ。素直過ぎて皺寄せが全部コッチくんだよ」


近藤「はっはっは、すまんすまん━━━でもよォ━━」


━━押さえつけてばっかじゃ、息苦しくなっちまうぞ?
息苦しくて、苦しくて…大事に守り過ぎて失くすものもあるんだぞ

おまえの心の大事な部分は犠牲にしなくても良いからな


土方「(そんなモン…分かってらぁ)」


━━━
━━



自分らしく気持ちに向き合えない

何も肯定できない、恋の迷宮が スレ違いを重ねて この羽根を踏みつける

このまま 夜の闇に埋もれてしまいそう……



[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!