[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
マヨネーズとタイミング(切)
昨日は交通キャンペーンだった
キャンペーンの制服に着替えた私は 他社から雇われたアルバイトの設定で、攘夷志士対策も少し面倒だったの


そして今日は休日
疲れたから………ずっと 一人で過ごそうかな


また 貴方は何も言わずに急に出かけるもの

仕事かと思った
上からの呼び出しや出張や

でもね
違うみたい

わざと残した足跡、何だか辿り着いても 胸は苦しくなりそうで
見ない振り

知っていたら私も何処かに 出た
ころころ 転がる小石みたいに
きっと 少し遠くまで


今は 淋しさが思考を占めてる

また 置いてかれた気分で
無気力になってるみたい


心は移ろい易いの
私の気持ちなんてイイ加減だから…


━━━
━━



『土方さん、知らない?』


皆に聞いてみるものの、皆 知らないって言う

総悟すら 近藤さんすら しらばっくれる

じゃあ、逆に 気付かいでか
分かっちゃったよ………


私が知らない、勝てない ヒトの
面影、探して
………そうでしょ?


━━━
━━



ずれていく…このタイミング

気付かない振りをして いつまでやり過ごすのかな

こんな想いも、こんな日も 欲しくない


貴方は どうして私を繋ぐのかな?
私はどうして離れられないの?


━━━
━━



『………やっぱり万事屋行こうかな…』


『ジミーが討ち入り、あるって言ってたな…』


『スマイルのヘルプ……は、疲れちゃうかな…』


誰に語りかけるでも無く、呟き 空虚に還す

そんな時でも視界の隅 ふと侵入してきたのは、貴方の仕草を真似して二人並ぶ写真

無意識に指先がスワイプ&タッチする

そんな戻らない時間の居場所は、そっと隠して仕舞おう


ね、もしもいつか見たら 一度くらい思い出してくれるかな

ありがとう. なんて まだ言えない、言わない

お礼の言葉は笑って言いたい


━━━
━━


山崎「非番なのに…協力、ありがとうございます…」


『たまには…アリじゃない?』


山崎「ははは…お手柔らかに頼みますよ…」


━━━


赤い沁みで、己の淀みを絶ち切る事にしてみた

八つ当たりだって
知ってる

合法的に、悪の杯を割って、砕いて、粉々に
肉も骨も
魂さえ


自分の苦しさを誤魔化して 強がってみるよ?
曖昧な態度はもう要らない


ずれてたタイミング いっそ切り離して…

これ以上二人の未来は 見えない、何も無い

貴方の未来なんか もうどうでもいいや

私の明日は何処へ向かおうかな


━━━
━━



山崎「副長!お帰りなさい」


沖田「祭りに間に合いましたねィ、土方さん」


土方「 仁和… 」


沖田「荒れてやしたぜィ?……あのメスブタ」


山崎「………何処、行ってたか 教えてあげないんですか…?」


土方「………余計なクチ、滑らすなよ……」


山崎「(墓参りくらい、教えてあげたら良いのに)」


━━━
━━



だんだん貴方の嘘が気にならなくなる

私の声も貴方に届かなくなる
簡単な一言が言い出せなくなっていく

思い出すのは…


土方「 仁和!!」


私の名前を呼ぶ懐かしい声と 抱き止める温もり…

刀の修羅が宿った私に 何を思い出させてくれるのかな


end



[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!