[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
パフェと素直になれない人達2
『いや、私は暇そうでうだつの上がらない銀さんが可哀想で どこまでパフェを食べ続けられるかのフードファイトしに来たんですよ』


銀時「ツレねぇなー、それ結構デートって言わねぇないの?」


『フードファイトってデートなの?』


土方「………(あれ…俺何か…見栄張っちゃった?…なんかこれじゃ、今更「このコ 実は山崎でした」とか言っても確実に万事屋にはバカにされない?)」


山崎「(あーあ…変な見栄 張るから…)」


『ふーん…そっか………じゃあ、私達結構お邪魔しちゃいそうなんで、そろそろ行きますね』


銀時「え?フードファイトじゃなかったの?」


『銀さん、さっきからパフェのペース落ちてるし』


銀時「………ま、この後何処に行くか決めてくれるなら良いぜ?じゃあな、副長さんよォ」


『………ね、土方さん 聞いても良いですか?』


土方「……あ?…な、なんだよ」


『こんな所で聞くような話じゃないけど…今じゃなきゃ なんとなく聞き出せなくて…』


土方「…」


『あの日…恋愛で悩んじゃってた私を、落ち着かせてくれたじゃないですか。アレって…やっぱどーゆー意味があったのか気になります。教えて下さい』


土方「……ッッ…」


山崎「(落ち着かせ…って…)」


銀時「何何、何か意味深…」


土方「…べ、別に…意味なんて…あの時言った通りだ。」


『…判りました。ありがとうございます。ごめんなさい、変な質問を変な時にしちゃって…でもあの、私 あーゆーの、気になっちゃう質なんで…このままじゃ土方さんの事、おかしな目で見ちゃうから…答えが欲しかったんです』


土方「…なんだよ…おかしな目、って…」


『えー…胸板広いけどヤニ臭ぇなー、とか…』


山崎「…!」


銀時「…!」


土方「……ヤニ臭ぇからな…」


『うん…ついでにマヨ臭いし』


土方「あーん!?旨そうな匂いだろうが!!」


『はは、そうッスね。…じゃ、また。副長。』


土方「お、おう…」


『行こう、銀さん』


銀時「ん…」


━━━


山崎「……良いんですか?副長… 帝畿隊長 俺のことデート相手だと思ってたみたいですよ?それに「土方さん」から「副長」呼びに戻ってましたし…」


土方「…良ンだよ…ほら、早く報告の続きしろよ…」


山崎「へいへい(素直じゃないんだから…)」


土方「ったく…余計な時間割いちまったぜ」


━━━


銀時「…いいのかよ、副長サン」


『挨拶ならしたよ?』


銀時「ちょっと気になってたんじゃないのー?」


『そりゃ、勘違いしそうな事言われたりすりゃー…ちょっとはねぇ?』


銀時「えっ 何ソレ ちょっと銀さんだけに詳しく教えてくんない?」


『やだよー、銀さんからかうもん』


銀時「からかわない、からかわないってー 銀さんもとっておきの情報あるからさぁ、お願ーい」


『あの…緑色の着物のヒトなら、ジミーだよ』


銀時「…!…気付いてたの?」


『あの着物、どっかで見たことあるって言ったでしょ』


銀時「…… 仁和チャンも けっこー役者だね」


『…何のこと?』


銀時「副長サンの様子、伺っちゃう系女子?」


『えー、何それ 銀さんでしょー。様子、伺っちゃう系男子』


銀時「ンだよ ソレー」


『よし!今日は万事屋でお鍋しよ!新八君と神楽ちゃん、帰ってくるよね?』


銀時「マジでか!」


『この後何処に行くか決めてーって、さっき言ったの銀さんじゃん』


銀時「いいねぇ♪大江戸スーパー寄るか」


『いえーぃ』


━━━
━━


━━━━
銀時目線
━━━━


ったく素直じゃねぇな

ちょっと気にしてんじゃねーか

心の隙間に任せて騒ぎたくなってンだろーが…ホント素直じゃねぇ…



end




[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!