[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
3―マヨネーズとサングラス(坂本→土方オチ)
銀時「ときに辰馬…おまえんトコ カタログ通信販売初めてなかったっけ?」


坂本「しとるが…なんじゃ金時、おまん ファッションに興味あるがか?」


銀時「俺じゃねーよ、そこの嬢ちゃん、仁和にだ」



銀時「こいつの会社は貿易だからな
仁和は着物が不得意だろ、もっと着やすい服とか取り扱ってないかーとかそんな話をしてたんだ」



『銀さんがスゴく出来るイケメンに見えてきたですよ』


阪本「天人みたいな服じゃぞ?ええかいのぅ?」


『ドュフッッ天人上等。阪本さんとお揃いにしちゃうおかなーっドュフフフフ』


神楽「仁和、キモチ悪いね」


新八「…なんか仁和さん、キャラぶれてない?」


『ぶれてない、ぶれてない』


『とにかく阪本さんとゆーエンジェルが現れたから元気と涎がナチュラルに出たよ』


銀時「おまえ…そんな 涎がナチュラルに出るほど着るものに困窮してたの?」


阪本「アハハハハ!そらぁ難儀じゃったろうに!よーし我が社のカタログを進呈しよう!!ほれ、お得なクーポンもサービスするぜよ」


『ひゃあああぁぁぁお得なクーポンに女心が揺さぶられるぅぅぅ!』鼻血


銀時「なぁ…辰馬、
どうせこのあと暇だろ
仁和に江戸の観光案内でもしてもらえば?
なんたって警察だからな、道案内はお手の物だろ」


阪本「おお、そうなんか、渡りに船じゃのう
市場の視察なんぞしてみたいと思っちょった所じゃき」


『ひゃあああぁぁぁとろけるぅぅぅ』鼻血



銀時&神楽&新八(おもしろ…キモいけど)



『ありがとう銀さん、今度パフェの食べ放題に行こう』コソッ



銀時「鼻血拭けよ」



━━━
━━



さて、銀さんの粋な計らいによって
阪本さんとランデブーできる

なんて素晴らしい日なんだろう


『銀さんとは長いお付き合いなんですか?』

阪本「ほーじゃのー…もうかれこれ何年になるかのう」



とりとめの無い会話をして
市場を見て デパートを見て スーパーを見て、
会話に詰まると勝手に喋ってくれるので些か救われたり
デートでは無いけど、少しデートみたい

なりゆきって恐ろしいけど楽しい



━━━━━
━━━━
━━━



阪本「いやぁ 歩き疲れたかのぅ、仁和は大丈夫か?」


『ええ、大丈夫でしか無い』


阪本「付き合わせて悪いのう、何か礼をしたいんじゃが…」



『えっ 気を使わないで下さい、私も楽しかったし
ええ、この世界に舞い降りてくれてありがとうございます!ええ、楽しかった!』



阪本「アハハハハ、仁和はおもしろいのう、余計に何か礼をしたくなるのぅ」


『…じゃ…ワガママ言って良いですか?』


阪本「おう 何でも言い!!」


―――――
━━




『エヘヘヘ楽しかったぁ』


阪本「はぁー…最近の若い娘御はこがなモンが好きなんかぁ」



阪本辰馬は先程ゲームセンターで撮った 数枚のプリクラを見詰め感嘆の声をあげる


一息ついたカフェでコーヒーをオーダーして
やはりゲームセンターのキャッチャーで取ってもらったぬいぐるみを見詰める


阪本「アハハハハ、仁和は変わっとるのぅ、折角の可愛いぬいぐるみが台無しじゃぞ」


『良いんです…家宝にするし』ジュルリ


ぬいぐるみの腹には、せがんで書いて貰った《阪本辰馬》とサインが入っていた


銀さん達が見たら笑うんだろうな


『あとホラ 記念の写メもこんなに…デュフフフ』


阪本「アハハハハ、そんな喜ばれるとなんか こそばゆいのう」

照れ笑いが零れる


阪本「どうした仁和??おんし…血が…??」


『はははちょっと口紅が液化しちゃって』鼻血



―――――
━━



その様子を 怪訝な面持ちで眺める二人組が居た



山崎「副長…もう帰りましょうよ…」


土方「いや…まだだ、仁和…が騙されてるかも知れねぇだろ?」


山崎「…デート…ですかね」


土方「…デート…」



この二人は任務中で変装して容疑者を追跡していた

山崎に至っては女装である



山崎「わー…仁和さん、乙女だなぁ」


土方「なんだ山崎、おまえ仁和に気があったのか?」


山崎「いや俺にはたまさんがいるから…」


土方「からくりか…おまえは物好きだな」


山崎(…もっと罵倒してくると思ったのに…やっぱ副長…)



―――――
━━




坂本「今日は楽しかったぜよ」


『…そろそろ良い時間ですね』


―すまいるが開店する時間―


阪本「うむ、この後は人と…会う予定があるんでな」


―知ってる―


『今日は…ありがとうございました』


―あの人に会いに行くんだね―


『私の方こそ、凄く楽しかったです』



―貴方を調べた時に、プロポーズまでする相手がいる事を知ったの


今日は 会って話を出来るだけで良かったのに
こんなに 一緒に居られて嬉しかった



わざわざ会ってお話するのは
貴方を諦めるための
失恋のための
儀式

一瞬の恋だったけど 本気だったもん
だから必要なケジメなの


彼の目に 私なんかが映るスキは無いんだって
思い知る為の 儀式が


計らってくれた銀さんに 後で説明しなきゃ

いや 気付いてそうかな
でも お礼しなきゃ



愁いがバレない様に
上手に、上手に
笑って見せた



軽く会釈をして手を振り

人波に消える背の高い赤い背中を
振り返らない背中を
ずっと見詰めていた


━━
━━
━━


さぁ…屯所に帰ろう

ストレス発散出来たもんね



冷めたカフェモカを飲み干して
もう会計を済ませて貰った店を出た



―――――
━━


━━━
彼目線
━━━



━━━その横顔に見入ってしまった


そんな表情は狡い―――



山崎「仁和さんが店を出ますね
あ ホシも動きましたよ 副長、追いましょう!」


土方「先に行っててくれ、後で追い掛ける」


山崎(やっぱ気になるのか、この人は)




[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!