[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
2―マヨネーズとサングラス(坂本→土方オチ)
━━━
万事屋
━━━



『こんにちはー』


新八「 仁和さん、お久しぶりです」


神楽「仁和ー やっとクソ警察共に愛想尽かしてこっち来たアルか」


銀時「おー どうした、とうとう家出か?」


『家出じゃないって…ココ顔出す度にそー言うの辞めて下さいって
…はい、お土産』


神楽「うほー 待ってましたァァァ!」ガバッ


新八「うぎゃー 神楽ちゃん待って!皆で食べるんだよ!」


銀時「毎度 悪いなぁ…で?どうした?」


『また…お仕事頼もうかなぁ、なんて…』


銀時「また真選組の難事件かぁ?」


『いえ…あの…』ゴニョゴニョ


銀時「は?一目惚れ?」


新八&神楽「「ピタッ」」


『…はい…街角で出会って…肩がぶつかって…落ちた手帳を拾ってもらって…』


銀時「そ、それで?」


『その時の笑顔が忘れられなくて…』


新八「そ、それだけですか?」


『は、はい…』


銀時「オイオイ、いくら万事屋の銀さんでも手掛かり無しじゃ手も足も出ないぜ」


『凄く特徴的な人だったんで、銀さんに頼めば会わせてくれるかなぁって…』


神楽「特徴的て どんなヤツね?」モグモグ


新八「あー!神楽ちゃん食べてる!いつの間にぃ!」


『ちょっとパーマっぽくて 長身の方で…』


銀時「え…ちょっと、それ銀さんの事じゃない?ヤダ、そんな演出照れちゃうなぁ」


『いえ、銀さんより身長あって、』


銀時「ケッ 分かってた 分かってました」


『サングラス掛けてたけど 陽射しで優しげな目元は見えました、赤いコートみたいな羽織りを着て…』


銀時「ん?」


『あと、首に巻物をして、ちょっとアンバランスな下駄を履いてらして、』


新八「ん?」


『ドコか南の方かな…訛ってらしたんです、[やき]とか[ぜよ]とか』


神楽「ん?」


『お願いします、会わせてくれたらコレだけ、お支払いします!』電卓パチパチ


銀時「!!」


神楽「おお!酢昆布がいっぱい買えるネ!」


銀時「し、仕方ねぇなぁ…」


新八「ちょっと銀さん!あ、あれ 坂本さんの特徴にめっちゃ一致してるんですけど」ボソボソ


銀時「いやいや…新八君、世の中ってのは広いんだよ?同じような格好してるヤツなんてゴマンと居るぜ?」


新八「いやいや 髪型や装備品、果ては訛りまでって中々無いだろ、冷静に考えて」


その時だった







「金時━━━━━!」


銀時「え」

新八「え」

神楽「え」

『え』



坂本「玄関で待っとったが誰も出てこんから勝手に入ったぞ?アハハハハ、久しぶりじゃのう」



『凄い!!さすが銀さん!依頼料を提示するや否や 瞬時に人探しをやってのけるなんて…!どんだけ金欠なんですか…』


神楽「本当にモジャモジャの事だったアルか」


銀時「ははは…凄いだろー…金欠は地球とか仁和の恋路とかを救うんだぞー…」


新八「びっくりし過ぎて変なリアクションしか出来なくなってるよ」


坂本「近くまで来たから ちょっと立ち寄ってみたんじゃが…お客さんかのう?」


新八「あ、あの…仁和さん、大丈夫ですか?」


『アハッすすすいません、ちょっとテンションが上がってしまって』ガクガク


新八「こっちも変なリアクションになってる!」


銀時「んんー コホン、何でテンション上がったの?
突然居合わせた大柄のモジャ頭に驚いたんじゃないの?」


『えっと…私、実は阪本辰馬さんのファンでして…サイン下さい』


新八「サイン!?しかも坂本さんの事知ってるの!?」


『国家権力の名の下に ちょっとだけ調べました』


銀時「本当におまえらはゴリラと言いジミーと言い、ストーカーばっかりだな…てゆーか銀さん 必要だった?」


阪本「アハハハハ ほんなにわしゃ有名なんかのぅ?照れるのう」


『快援隊はスゴい会社だと思いますもの』



当たり障りの無い会話をしながら
必死に鼻血を押さえる乙女の姿がそこにあった




[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!