[通常モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
1―マヨネーズとサングラス(坂本→土方オチ)
『や、山崎さん どうしたんです!その包帯…』


山崎「ハハハ…ちょっとね」


沖田「任務中にからくりメスに見惚けたりするからでさァ」


山崎「ちょ 沖田隊長…」


土方「色恋に現を抜かすからそうなるんだ、弛んでんぞ」


山崎「ヒィィ すみませんんん」


『そういや真選組って恋愛禁止じゃないんですね、意外』


沖田「局長がアレじゃ取り締まれる訳ねぇだろ」


『あ、ああ…確かに』


土方「ケッ…恋愛するなとは言わねぇがな、そんな浮わついた気分でばっか居やがると いつ足元掬われるか判んねぇぞ」


『はぁ』


土方「特にお前は真選組初の女性隊士だ、そういう事に誘惑も多いだろうから気をつけろ」


『ん?真選組の女性隊士ってモテるんですか?』


土方「…そうじゃなくて」


『真選組での社内恋愛の事ですか?そんなに甲斐性のあるイケメンが揃ってると思いますか?』


土方「悪かったなぁぁぁぁ!!もうお前の心配なんてしねぇわ!」


『えっ 心配してくれたんですか!ありがとうございます!』


沖田「良かったな仁和 、ただのセクハラじゃなくて」


『ハハハ、本当に』


土方「くそったれ共ぉぉぉぉ もうとっとと巡回に行っちめぇぇぇ」


山崎(大変だなぁ…副長)



土方(ったく…こんなんなら心配いらねぇかもな
恋も知らねぇクソガキ共ってとこか)





━━━━
土方目線
━━━━


と、これが 今朝までの仁和だった

が 巡回から帰ってから 何だか様子がおかしい




ボーっと 呆けて上の空になったり
たまに思い出したように 二、三 独り言を呟く






沖田「仁和なら さっきブツブツ言いながらニヤけてましたぜィ」


「[運命的な出会い…かも]とかなんとか」


土方「は…?巡回中に何かあったのか?おまえと行ったよな」


沖田「何かあったとしたら、厠行ってくるつって その道で、ですかねィ…俺の見て無い所なんで」







何だそりゃ

ったく そーゆー注意をした その日に盛って帰って来やがるとか
舐めてんのか クソッッ!


どいつもこいつも発情期ですかコノヤロー!
色ボケ共が!クソッックソッッッ!
もう知るか!!







……仁和の想い人…か…




[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!