[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
3―おにぎりの香り

土方「どうだい、近藤さん…仁和 はちゃんと補佐を務められているか?」


近藤「おお トシ!うん…実はさー 告白したんだけど…」かくかくしかじか


土方「…好きで居続けられたら、ねぇ」


近藤「今まで鈍い俺が この恋に気付かなかったのが悪いんだ…仁和が了承してくれる時、俺達の清い交際は始まるんだ」


沖田「へぇ…つまり今は恋人未満、友達以上って事ですかねィ?」


近藤「な、なんか月9ドラマみたいだな!」ワクワク


沖田「恋のお試し期間ですかィ…仁和も何様だか罪な女ですねィ」


近藤「おお!恋愛ドラマの主人公を 俺は今まさに 演じ切れてるってことか…ちょっとテレるなぁ」ワクワク


土方「総悟…てめぇは大きめのボリュームで 近藤さんを焚き付けてんじゃねぇよ
他の奴らに聞こえても風紀が乱れんだから大概にしとけよ」


沖田「いーじゃないですかィ、あのキャバ嬢に入れあげてるよりは 近藤さんも仕事やってくれそうですぜ?」


「それに腐っても隊士とはいえオンナ、近藤さんが本気モードになった今 モブ共の恋愛標的から逸らしておくのは大事じゃないですかァ」


土方「…ほどほどにしておけよ」


━━━━━
━━━━
━━━


隊士「なぁ聞いたか、帝畿隊長と近藤さんの話」
隊士「恋のお試し期間だって?ちゃんと交際はしてねぇとか…」
隊士「あのキャバ嬢は遂に諦めたかー まぁその方が賢いと思うぜ」
隊士「ちゃんと交際しちゃったら結婚前提とか暑苦しいからかな」
隊士「カァー 帝畿隊長、やり手だなぁ」

ヒソヒソ


朝 食堂に行ったら 早速こんな話ですか、そうですか…


みんな好き放題言いやがって
ヒソヒソって擬音のわりに 筒抜けだからね

ああああ居心地悪い


どーせ 近藤さんが土方さんに相談とかして
横で聞いてた沖田さんが面白がって吹聴して…とかそんな流れなんでしょ


近藤「べきしっ!」
沖田「へくしっ!」

土方「なんだ二人して?風邪か?」


怪しいくしゃみであの三人の位置が解った
…図星かな…
ホントにもう


━━━━
━━━
━━


その日から 私の仕事は少し内容を変更させられた

局長が会合や幹部会、出張等で不在の時以外は
一緒に仕事をする時間が増えたのだ


近藤さんが書類整理等の事務室にいる時は
私も事務、経理

近藤さんが見回り等 外出する時は 私も付き添い、表向きは警護という形で組まされるようになった(あれ 職権乱用?)


する事が少し増えて早起きの時間がちょっとだけ怠い
副長への報告と 指示を仰ぐ手間も少々…
だけど胸は弾んでいる


悔しいかな
やっぱり 私は近藤さんと過ごせる時間が増えて 本当はとても 嬉しいみたい

━━━━
━━━
━━


近藤「さて 午後も異常無し、と」


パトカーでの見回りはかなり楽
ハンドルは近藤さんが握ってくれているから
…気遣ってくれる所とか、やっぱり優しいんだよね

その状況も相まって近藤さんのテンションは ドライブデートみたいな勢いだったりすることもしばしば


近藤「ねえねえ、カフェ寄ってかない?三丁目に新しいトコ出来たらしいよ」


『い、今…勤務中ですよ…ケーキセットがあるなら 仕方ないですけど…』


近藤「あるある、もう下調べは済んでるよー」


『仕方ないですなぁ!土方さんに見つからない奥の席に座りましょうか』ワクワク


━━━━
━━━
━━


事務仕事も ちょいちょいパソコンをいじったりしながら 皆にお茶を出せば良いので平和だ


『局長、お茶です』


近藤「おう ありがとう」


「うん、ウマイ!ザキが入れてくれるヤツの5倍はウマイ!


原田「そりゃザキが入れてくれるのよりはウマイですよ、女子ですもん」


『いや 山崎さんが入れてるのと同じ、いつものティーバッグですよ』


近藤「そうかなぁ…じゃあさ仁和、手をお茶に こう翳して
[美味しくなぁれ美味しくなぁれにゃん]ってやってよ」


『は?えっ?』


原田「えっ いいな何それ!俺も俺も!」


隊士「いーなー俺も俺も」
隊士「俺も俺も」
隊士「俺も俺も」


『そ、それ メイドさん的な……??』


土方「おまえら仕事しろ」


━━━━
━━━
━━


楽しい…近藤さんと過ごせる時間が幸せだ
だけど 香の効果が消えたら この日常も無くなる

元の 真選組に戻るから…

現状に慣れたらダメだ
元に戻った時、辛すぎる…


これ以上、近藤さんのことも好きになっちゃダメ
ダメなんだってば………

毎日 眠る前に 自分にこうして釘を刺す
失う怖さに押し潰されないように…
1人きりになったら 薄暗い部屋で

月に祈りながら


だけど

思いの外 この生活は長続きしなかったのだ


━カタン


『…誰?』


月詠「待たせたな…」



[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!