通学痴漢電車|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
手を添えて



トモユキはいたずらしてみたくなり、固い物に手を添えていました。


少年はうつむいたままです。


嫌がる素振りも見せません。


それどころか、さらに大きく固くなってなっていく。


トモユキは周りに気付かれないように、ゆっくりと固い物をさすります。


少年は何の抵抗もしません。


トモユキは少年のズボンのファスナーに手をかけました。


ゆっくりと降ろしていくと、何とも言えない感じが、トモユキの理性を奪います。


ズボンの中に手を滑り込ませ、パンツの上から触ると明らかに我慢汁で濡れている。


濡れた部分を円を書くように指でなぞっていると、腰を引くようにして耐えています。


頭の部分を包むように指で刺激すると、背中へかかる息が一瞬止まり、長く熱い吐息を吹き付けてきます。


と同時に大きく膨らんだとかと思うと、びくびくと熱いネバネバの液がパンツから染み出てきました。


その瞬間、トモユキの頭の中は真っ白になり、今までにない快感が体を走り抜けました。


少年は息づかいを荒くし、熱く固い物を波打たせています。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!