通学痴漢電車|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
尻に押し付けて



少年が固くなった物をお尻に押し付けてきます。


興奮したトモユキは、お尻をグイグイと少年に押し付け返しました。


少年は戸惑って腰を引きましたが、追いかけるようにさらにお尻を押し付けると、少年も電車の揺れに合わせ、固い物をぐいぐいと押し付けてきました。


トモユキは少年を角に追い込むように立ちました。


トモユキが腰を押し付けると、少年の物が大きく固くなっていきます。

[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!