思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
激しく指で弄る



激しく指でクリトリスを弄る。


「ああーーーー、そんなに激しくしたら、いっちゃうーーー」


「どこが気持ちよくていきそうになるの?」


「オマンコ、オマンコが気持ちいいのー」


「もっといじってあげるね。ほうら、そうら」


手首のスナップを利かせて指の動きを速める。


「あうううう」


声にならない音を口からもらす理恵。


すっかり皮を剥かれたクリに最後のひとひねりを加える。


「あああーー、いくうっ、いっちゃうううーーー」


理恵は腕を掴んで、ギュッと握り締め、胸を反らして全身を硬直させた。


持ち上がった背中がシーツにゆっくりと着地してから、指と腰の動きが再開する。


「あああああ、やだあ、もう、あううううーー」


「もっともっと気持ちよくしてあげるからね」


大野はギンギンに固くなったペニスでズンズンと子宮口を突き上げる。


「うっ、うっ、あうううーーー」


深みを突きあげるたびに、叫び声をあげる。


大野は挿入の速度をあげた。


「あんっ、いいっ、これいいっ」


クリをつまみあげられ、股間への抽送が激しくなる。


大野はグラインドの振幅を最大にした。


結合部はパンパンと肉と肉がはじける音に変わった。


「うぐぐぐ、いっちゃう、頭が真っ白になるううううう」


理恵を見下ろしつつ、動きは勢いを増すばかり。


「どこに出してほしい」


理恵はハアハアとあえぐだけで答えなかった。


「中に出すぞ、いいな」


コクッと小さく頷いた。


大野の下腹部が熱くなって、前立腺がふくらんできていた。


男なら誰もがそうするように、腰の速度をMAXにした。


しばらく動かすとやがて我慢の限界点に達する。


「いくぞ、いくぞ」


最後の一突きのあと、中へ熱いものが広がる。


目もくらむような激感が脊髄を通って脳天を突きぬけて行った。


ドピュッ、ピュッ、ピュッ


ペニスが上下に脈打つ回数も多い。


大野は前立腺からの最後の供給を注ぎ込む。


ドクンッ、ドクンッ


ドロリ、ドロッ…。


白い液体がタラーッとしたたる。


大野は理恵の上にかぶさるようにして、キスの雨を降らせた。

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!