思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
入れて下さい…



「おちんちんを、入れて下さい…」


ヌルヌルの亀裂を上下にこすりながら挿入を焦らす。


大野は腰をゆっくりと沈めていく。


「んあっ」


胸を反らせて目を閉じる理恵。悩ましさが倍加する。


理恵の内部はどろどろにとけきっていて、まるで火口のような熱さだ。


「ほうら、入ったぞ。どうだ、気持ちいいか?」


そう言いながら、小刻みピストンすると腰の動きに合わせて波をうつ。


「あああああん、気持ちいいぃぃぃぃぃ」


「どこが? どこが気持ちいいんだ?」


「お、オマンコが、気持ちいいぃぃぃぃぃ」


両足首を抱え高く持ち上げ結合部分を鑑賞しながら、ズンズンと深々と貫く。


「あん、気持ちいい、あっん」


「こうやって腰を進めるとおちんちんがズブズブと入っていくよ」


「あんっ、あっ、あっ、あぁっ!」


「蜜もタラタラ溢れてくるし本当にスケベだなあ」


豊潤なジュースがとめどなく溢れてきて、結合部からピチャンピチャンとぬかるんだ音が放たれる。


「いきたい?」


「一緒にいきたい……です」


「先にいかせてあげよう、俺は後でいいから…」


大野は自分のモノを挿入したまま、腰の律動を停止した。


よがり狂わせて頭を真っ白にさせてからハードピストンするつもりだ。


抽送を止めるとその分、指に神経を集中させることができる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!