思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
乱れてごらん



「思いっきり乱れてごらん」


「あん、あん、あん、いっちゃうよーー」


グチュ、グチュと愛液が溢れ出る。


「あっ、いっちゃう、だめえ、やだあ、こんなのーーー」


シーツをわし掴みにし、胸を大きく後ろに反らせて、絶頂した。


「ああー、いくっ、いくっ、いくうううーーー」


全身がピーンと緊張し、ぴくぴくと震えている。


大野は少しぐったりとしている理恵にキスしながらつぶやいた。


「気持ちよかった?」


「うん、とっても。」


「ものすごく濡れてたよ、見てごらんこの指」


大野はさんざん膣内を捏ねた指を目の前につきつけた。


指を広げると、ヌチョーと糸をひく。


「やだあ、もう、恥ずかしい…」


「自分の愛液がたっぷりついたこの指、ちょっと舐めてごらん」


理恵の口に、指をこじいれる。


理恵はいとおしそうに指を舐め始めた。


指をしゃぶらせているうちに、興奮した大野は胸のあたりに馬乗りになり、大きく膨らんだ亀頭を口元に突き出す。


理恵は肉棒の根元を両手でしっかりと押さえて、自分からすすんで口に含む。


カリ全体を唇で覆って乳児のようにチュパチュパと吸う。


数回吸ってから舌をレロレロという感じで先端部を刺激する。


その繰り返しで、いやおうなしに海綿体に血が集まってくる。


理恵はペニスをやや持ち上げ、裏側の縫い目のように連なって浮き出ている筋に舌を這わせだした。


カリから根元にかけてのシャフト部分を舌が何度も往復すると、快感もぐっと増す。


「いいよそれ。そこ感じるよ」


「じゃあ、これは?」


袋の中の小球を片方ずつ口に含み吸いつく。


大野は思わず声を発してしまう。


砲身全体をおもむろに口に含み、根元まですっぽりと咥えてしまった。


口に含む時はカポッという感じで咥え込み、引き抜く時は頬をすぼめて吸うようにゆっくりと後退させる。


入れ込む時の快感よりも、引き抜く時の快感の方が強いことを理恵は知っている。


「上手だよ、理恵。いい感じだ」


理恵はびんびんになったモノに我慢できなくなり小さな声でねだる。


「ねえ、欲しい……」


大野はペニスを片手に握り、クリ周辺に押しつけて上下する。


そこは、少し油断したら、ずりゅっと入ってしまいそうなほどジュクジュクに濡れそぼっていた。


「何が欲しいの?」


「今こすりつけているモノ…」


耳まで熱くして、理恵は言う。


「何をどうして欲しいか、ちゃんと言わなきゃ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!