思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
キスの雨を注ぐ



額や瞼、頬、顎先まで次々とキスの雨を注ぐ。


「ん、んん」


キスだけで身をよじるようにして反応する理恵。


なかなか感度良好だ。


裸体が露になる。


「きれいだよ、理恵」


「あん、恥ずかしい……」


大野は舌を、耳から首筋、肩、脇腹へと移動させ、小高い乳丘を手で愛撫しつつ、その頂きにあるグミのような突起を口に含んだ。


丁寧に舌先で転がしたり、チュパッチュパッと、わざと音をたてて吸ってみる。


「あっ、あっ、あーーーん」


理恵は更にやるせない喘ぎ声を放つ。


仰向けに横たわっている理恵の両膝を曲げさせて、上に持ち上げる。


「ほら脚を広げて」


うっすらと茂った陰毛の下方に、淫らな亀裂が姿を現した。


中がよく見えるように両手で左右に押し広げてやる。


大野は突然亀裂の上端にある、クリトリスに吸いついた。


螺旋状に舌を動かし、軽く歯を立てる。


「あっ!ああんっ!!」


「気持ちいい?」


「はい、気持ちいいです」


「じゃあ、オマンコ気持ちいいって言ってごらん」


「お、オマンコ、気持ちいい…」


大野は舌でぐりぐり責めながら、指を浅くぬかるみにつけこんだ。


入り口付近は水飴を塗ったようにどろどろだ。


左右のピンク色のビラビラが、なまめかしく光っている。


「ほら、あとからあとからHなおつゆが溢れてくるよ。なんていやらしいオマンコなんだ。こんな淫乱なオマンコは見たことないよ」


「あ、あああーーー」


大野は二本の指を深々と挿入した。


交互に天井を刺激し、さらにピストン運動も加えてやる。


クリトリスは、口と舌によって蹂躪されている。


「ああー、そんなこと、されちゃうと、変になっちゃう……」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!