思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
モノを引き出す



「フェラは知ってるよね?」


「う、うん……」


「しゃぶりたくなってきただろう?」


「…はい」


スラックスを素早く脱ぎ捨て、下着の合わせ目からモノを引き出す大野。


ソファーに片足を上げて理恵の口元にせせり出した。


「ちゃんとおねだりするんだよ、おちんちんが大好きです、しゃぶらせて下さいってね」


「えっ、でも…」


「ほら、はやく」


「…しゃぶりたいです。おちんちんをしゃぶらせて下さい」


「よし、いい子だ。おちんちんの先っぽは、どうなってる?」


「濡れてます、透明の液で…」


「舌ですくいとってくれるかな」


「はい」


唇を半開きにして舌を出す理恵。


「ああ、気持ちいいよ。その調子」


チロチロと舌を蠢かして我慢汁を舐め取る理恵は淫乱そのものだ。


やがて舌先はカリの周辺部や、裏筋の敏感なところにまでのびてきた。


静脈が浮き出たペニスは、すでに唾液とカウパー液でヌルヌルだ。


「あのー、くわえていいですか?」


「ああ、たっぷりしゃぶっていいよ」


口の中に飲み込まれ、ゆっくりとストロークを開始する。


「おいしいか?」


「…はい」


フェラを止めさせ愛撫にもどる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!