いっぱい犯してあげる|エロ小説|BL小説|官能小説
いっぱい犯してあげる



男は拓哉をベットへ誘導し縄で縛り直す。


「じゃ、いっぱい犯してあげるからね」


男は拓哉の後ろに回り、ベッドに上がって拓哉の腰を持ち上げた。


拓哉は後ろ手に縛られているため抵抗できず、四つん這いの格好になった。


拓哉の尻にローションが垂らされる。


「うっ」


ひんやりしたローションがアナルに垂れてきた。


拓哉は突然の感触に声をあげてしまう。


「まずは指からいくよ」


そう言いながら、指を突っ込む。


「ああああ!」


ローションのおかげで痛みはなかったものの、異物感に何とか逃げ出そうと必死にもがいてみたが、空しい抵抗に終わった。


「ううっ」


「よく締まる、どう?ここ?」


男は巧みな指遣いで前立腺あたりを刺激し続けた。


次第に指の本数を増やされる。


「もういいかな?」


男は、拓哉の膝を両手で開いて、両足の間に自分の体を入れた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]