いっぱい犯してあげる|エロ小説|BL小説|官能小説
拘束される



拓哉は、訳のわからない刺激に目を覚ます。


動かそうとしても動かない体に、今の状況をしだいに把握していった。


両手はイスの肘掛に固定され、両足はM字開脚の状態で拘束されイスに固定されていた。


足を閉じる事も、手で隠す事も出来ないまま顔をそむける。


夢ではないかと周りを見回すと、現実が恐怖を呼び込む。


アナルに入れられたローターは激しい快感を体幹に与え続ける。


せめて足を開閉しようとしたが、拘束されておりそれすらも叶わなかった。


「おっ、拓哉くん気付いたんだね」


男が声をかける。


逃れようとしても体は動かない。


男が動き出した。


「やだっ!やだっ!やめて!!」


「くくっ、いいね。嫌がる声が余計にそそるよ」


男はローターを抜きバイブを挿入した。


「んっ…あ、はぁ…あ、アアッ…」


アナルに咥えこんでいる細いバイブの根元をつかみ、ぐいぐいと出し入れする。


「んあああっ」


奥まで入れてぐりぐりと動かしたバイブをゆっくりと引き抜くと、アナルは物足りなそうにひくひくと動いた。


ペニスが入ってくるのを待っているかのようだ。

[次へ#]
[戻る]