拷問触手快楽|エロ小説|裏夢小説|官能小説
拷問のような快楽



ピストン運動が再開する。


ユミの膣内、腸内を容赦なく抉る触手。もはや、常に小さな絶頂が襲っているような状態だった。


膣内を襲う触手は肉棒の形をしたそれで、カリ首でユミの膣内を抉り続ける。


腸内を襲う触手は小さな粒々のついた触手で、ピストンされる度にその一つ一つが弾けるような快感を与えてくる。


常に電流が流れる、そんな拷問のような快楽責めだった。


「ん、ああぁぁぁっ!おく、奥ぅっ!深い、ふかいっ!かき回さない、で…くだ…あっはぁぁあぁっ!!!」


ただ、ただ、それがあまりにも気持ちよすぎた。


拘束され抵抗できないという被虐感がさらにユミを興奮させているのだ。


抉られ、穿られる。溶けて、秘処などは裂けてしまいそうなのにそれが気持ちいい。


もう自分の限界を超越していた。そんな異常快楽を受け入れようとしていた。


そしてついに、喘ぎながらも表情は完全に蕩けきった喜悦のものへと変化していく。


「好きぃっ!ずぼずぼされるの好きぃいっ!滅茶苦茶にされるのいいのぉっ!いっひぃぃぃいいっ!」


一度タガが外れてしまうとどうしようもなかった。大量の快楽に押し流されていく。


娼婦のようにはしたない喜悦の表情を浮かべ、自ら腰を振りはじめた。


身体が勝手に動くのとは違う。自ら動かすのだから、その快感は極上のものだ。


「ぁへっ、へぁあああっ!良いっ!あっ、あぁっ!奥突かれてイクっ!イクイクっ!」


ユミの身体がビクンッビクンッと痙攣し絶頂を迎えるその寸前、膣内、腸内に挿入された触手がともに果てる。


大量に流し込まれる白濁液。それがユミに追い討ちをかける。


ユミの身体は異常なまでに痙攣し、仰け反り、ユミは絶頂の波に飲まれてしまう。


「イクぅぅうっ!イッちゃうぅぅうっ!またアクメしちゃいますっ!あひっ!い、イクっ、い…イッぐぅぅうううぅっ!!!」


異常なほどの快感が流れてきて、頭の中がパンクしてしまいそうになる。


思考がまとまらない。


ただただ快楽を貪るかのように腰を振り続ける。


触手の動きにあわせて、ユミの身体が淫らに蠢き続ける。

[*前へ]
[戻る]