拷問触手快楽|エロ小説|裏夢小説|官能小説
激しいピストン



息も絶え絶えのユミ。


別の触手が足に巻きつき、完全に犯す態勢へと移った。こうなるともう逃げることなど叶わない。


とはいえ、快感にそれどころではないのだが。


そして、激しいピストン運動がはじまる。


「や…やあぁああぁあっ!!あっ!あ゛あぁあっ!いぐっ!イグイクイクっっ!!!んあぁぁあぁあ゛ぁああぁあっ!!!」


触手のピストン運動で幾度にもわかって絶頂を迎えてしまっていた。


気を失ってしまいそうになるが、次いで襲ってくる快感にそれさえ許されない。


ピストンされる度にユミは絶頂を迎え、秘処からは潮が尿が噴き出す。


「あぁっ!いああぁあっ!あ゛ぁああっ!! い、ぐっ!いぐううぅうっ!! あ、あぁあ゛あぁあっ!!」


絶頂の度にユミは身体を仰け反らせ、手足の先をぴんっと伸ばす。


絶頂を我慢する間もなく、ユミの顔は淫らに歪みきっていた。


そして、触手がようやく初めての絶頂を迎えようとしていた。


細かい触手の先端が膨らみ、一気に子宮内を白濁液が満たす。


「はえっ?熱いのが、奥に…あぁあ゛ぁぁっ、また…イクっ…ィクぅっ!」


そこでようやく解放される。触手が膣内から引き抜かれる。


ゴポッゴポッ、と音をたてて大量の白濁液が秘処から漏れる。

[*前へ][次へ#]
[戻る]