拷問触手快楽|エロ小説|裏夢小説|官能小説
快感に狂わされて



まるで幾年にもわたって調教を受けた牝のように、ユミはよがり狂っていた。


そして、ついに細かい触手がユミの子宮の入り口に足を踏み入れた。


「あぁあぁぁっ!はいってきはぁぁっ!ひぐぅっ、あひゃぁああぁっ!!」


だらしなく涎を垂らし、快感に狂わされてしまっていた。


「んっ!んあぁぁあぁっ!ら、めっだめだめらめぇええっ!あっ!あ゛ああぁあぁっ!!」


呂律さえまわらなくなってきた。


細かい触手は子宮内壁をこれでもか、というほどに擦りつけ離れようとしない。


それを確認してか、主体となる触手は一気に引き抜いた。


死んでしまうかと錯覚するほどの快感。内臓をすべてもっていかれそうな感覚。


ユミは腰を突き上げ、一瞬で上り詰めてしまった。絶頂を迎えたのだ。


隙間から潮を吹き、腰ががくがくとわななく。


しかし、当然それで触手の責めが終わるはずもなかった。終わる気配すら感じられない。


細かい触手はいまだ子宮内をほじくりまわり、その主たる触手も再び膣内へと侵入してくる。


触手が動くだけで絡みついた肉壁が擦られ、ユミを快楽の底へと引きずりおろす。


思考もまとまらないまま、ストロークが始まる。


「ひっ!あぁっ!!あっあぁぁぁあっ!!」


今度も天に向けて腰を突き上げる。


そして、足ががくがくとわななき、どさっと崩れ落ちる。


挿入されてストロークの度に絶頂に近い快感が襲う。


「やえ、も、もうらえ…こんあ、こんなあ…ああああ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]