淫魔連続射精|エロ小説|裏夢小説|官能小説
ピストンが始まる



しかし、触手の動きが一回程度で済むはずがなかった。


ゆっくりとしたスピードでピストンが始まる。


サトルは身体を限界までくねらせ、必死になって快感から逃げようと悶え続ける。


「や、やあ…やめてっ、しごくの、だめぇっ!」


刺激されるたびにサトルは腰を引いて、先端からは我慢汁が溢れ出していた。


そして糸を引き床へと垂れていった。


ただでさえ頭がおかしくなりそうだった。そのうえで、触手はさらに追い討ちをかける。


触手はアナルの縁をなぞるかのようになでたのだ。


「うおっ、ぁおおおぉぉっ!おし、お尻ぃぃっ!だ、だめっ! そこはあぁっ!」


サトルは腰を前後左右に振りまくる。


ただ、どのように抵抗、逃げても責めがやわらぐこともない。


「や、だ。お尻、お尻の穴までっ…すっごい…んああっっ!」


触手がアナルの入り口をぐちゃぐちゃと音をたてて刺激する。


ヌルヌルした触手の先端部分はすんなりと受け入れてしまうのだった。


「はっあぁえぇぇっ!こ、これだめ、気持ちよひゅぎるよぉぉっ!!!」


アナルの快感だけではない。男根を包む触手は急に力を込めた。


「はひゃあぁああぁっ!だ、め、やめっ!うぉぉぉおおっ!!」


「むりっ無理っ! きもち、気持ちよすぎる、うぉぉおおっ! だめだめぇえぇっ!んああぁぁ」


先端から飛び出す異常なほどに粘ついた我慢汁は次々と触手に飲み込まれていく。


快感で頭がいっぱいになってしまっていたサトルは、腰を振りに振り続ける。


到達を迎えないむず痒い快感に終わりを迎えるために。


だが、ぺニスへの責めも、アナルへの責めも触手は明らかに手加減したものであった。


「んおぉぉお゛ぉぉぉっ!いくっ!出る出るうぅっ!出ちゃうよぉぉぉっ!」


「イッくぅぅぅぅぅっ!!!」


物凄い勢いでサトルのぺニスから精液がほとばしる。


あまりの量に、ぺニスを包む触手の隙間からは精液が漏れ、アナルへと滴りゆく。

[*前へ][次へ#]
[戻る]