Gスポバイブとクリトリス責め|ガールズラブ|裏夢小説|官能小説
下から強く撫であげる



「クリって、ここ?」


珠理奈ちゃんの指がクリトリスの根元に触れ、下から強く撫であげ、先端で止まりました。


「きゃああん…あうう…」


とがったクリトリスの先端部分を、指先でそっと愛撫されます。


「さっき、根っこでイったから、今度はクリのてっぺんでね」


珠理奈ちゃんがそんないやらしいことをささやきながら、剥き出たクリの先を軽く撫で続けます。


「すごくとがってる…玲奈ちゃんのクリ、可愛いね」


「見ないでぇ…」


「いつも男の指でいじられてるの?…こんなに大きくされて…」


「いきそう、いきそう」


「さっきは時間をかけたから、二回目は素直にいかせてあげる…」


珠理奈ちゃんはもう片方の手で、乳首をつまんでこりこりと愛撫し、玲奈は二回目の絶頂に達してしまいました。


バイブを抜いてもらい、お風呂にいくと、バスタブに腰をかけるように言われました。


「玲奈ちゃん、洗ってあげるから、広げて見せて…」


指でマンコを開くと、珠理奈ちゃんが、玲奈のぬるぬるの膣に指を入れてきました。


「Gスポット、このへん…?」


二回続けていったばかりでGスポットを愛撫され、玲奈は声をあげてしまいます。


「あーん、やめてぇ、またいきそうになる…」


「ほら、ここ、おしっこが出ちゃいそうでしょ」


「ああん、いやあん、あん、あん、あん、」


「おしっこしてみせて。おしっこ出すまでやめないよ」


珠理奈ちゃんが快感のポイントを強く押して責め続けます。


「くうっ…いきそうになる…」


玲奈はいきながら、おしっこをしてしまいました。


「ああ、いくっ…あああっ…」

[*前へ]
[戻る]