Gスポバイブとクリトリス責め|ガールズラブ|裏夢小説|官能小説
クリの上で指を



「そろそろいかせてあげる…」


クリトリスにローションがまた垂らされました。


珠理奈ちゃんが、ぬるぬるのクリの上で指を軽くすべらせて、絶頂まで追い込んできます。


「あっ、だめ、いく…あああーっ」


いく瞬間、珠理奈ちゃんはGスポットバイブが膣から飛び出さないように、押し込むようにして押さえてくれました。


失神しそうな絶頂が長く続いて、全身のけいれんが収まるまで、珠理奈ちゃんが抱きしめてくれました。


「可愛い、いっちゃったね…でも、まだまだこれから」


膣に入っていたバイブをこねられました。


「私にもクリトリスを舐めさせて」


顔の上に珠理奈ちゃんにまたがってもらい、つるつると固くしこったクリトリスを、舌の先で舐めあげました。


珠理奈ちゃんがよがり声をあげてくれます。


クリトリスがふくらんできたので唇でしっかり包んで、強く吸い上げながら、舌の先で愛撫しました。


「ああ、すごくいい!!」

そして、珠理奈ちゃんが絶叫しながらいきました。


「はぁはぁ…今度はまた玲奈ちゃんの番、もっとよくしてあげるからね」


珠理奈ちゃんが、今度はアナルバイブのスイッチも入れてくれました。


「ああん!!」


「バイブが二つ刺さって、動いてるよ」


珠理奈ちゃんがキスしてきて、舌を吸われます。


「んんーっ」


「どう? クリはどうする…?」


「こすってぇ…」


「こう?」


わざと、クリをはずして横を愛撫する珠理奈ちゃん。


「あん、お願い…」


Gスポットとアナルにバイブが差し込まれ、同時に刺激しています。


玲奈はそれだけでまたイきそうだけど、固く大きいままのクリトリスもむずむずしてたまりません。


「なあに?」


「クリをこすってほしいの…」

[*前へ][次へ#]
[戻る]